RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< 香取80・90価格改定のお知らせ | main | RieStyle(リエスタイル) 山廃特別純米酒 >>
ねんどの日焼け対策
0

    JUGEMテーマ:健康

    紫外線は夏だけでなく、まだまだ10月の運動会シーズンまで多い日が続き、肌へのダメージが大きくなります。

    肌への負担をかけず、やさしい日焼け止めを選ぶのでしたら、ボディクレイの”ねんどの日焼け対策”がおすすめです。

     

    日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

     

    紫外線吸収剤は、肌の表面で科学的に反応し、紫外線のエネルギーを熱などに変えて放出します。白浮きせずに使い心地もよいのですが、紫外線を吸収した後は刺激物に変わって肌に残り、ヒリヒリするなどアレルギーの原因になったり、乾燥するといわれています。

    紫外線散乱剤は、物理的に紫外線を散乱・反射させ、紫外線を防ぎます。塗り直しは必要ですが、肌に優しい成分です。

     

    一般的にSPF値(Sun Protection Factor)は紫外線B波の防止効果を表す目安の数値です。高いものほど効きそうですが、高いものには紫外線吸収剤の量が多く配合されています。肌の弱い人は、肌荒れを起こしたり、予防時間が長いほど、強い成分を使っているため、肌への負担も大きいのです。

    屋外の軽いスポーツなどの時でもSPF30を超えるものは必要ありません。SPFは10〜20で十分です。

     

    もうひとつのPA値(Protection Grade of UVA)は主に紫外線A波の防止効果を表す目安の数値です。+の多さが紫外線A波に対する効果の高さを示します。++でかなり効果があります。紫外線A波は春・夏以外でもそこそこ降り注いでいて、特に3月から9月は2月までの約3倍の紫外線量だそうです。

     

    ねんどの日焼け対策のベースのねんどは、日焼けを防ぐだけでなく、炎症も抑えてくれる作用もあります。動物性・植物性成分と比べ、アレルギーも起こりにくく、とてもなめらか。さらに肌をケアするユキノシタエキス、オウゴンエキス、ウイキョウエキスを配合。小さいお子様もご使用できます。メイクの下地クリームとしても使えます。

    SPF20 PA++ 紫外線吸収剤フリー

     

        80g 本体価格1800円

    | 最新情報 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukisaketen.com/trackback/1095695