RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< 季節限定こだわり塩屋の「桜の塩」 | main | 2017年田村の会総会 >>
祝島のひじき入荷しました♪
0

    JUGEMテーマ:健康

    お待たせしました!
    毎年大好評の祝島(いわいじま)のひじき新物が本日入荷しました。
    初めて食べた方は「こんな美味しいひじき食べたことないっ!」と絶賛されます。

    祝島の人たちは、島の4km先に上関原発建設予定地があり、原発作業員として出稼ぎに出ていた人々がその危険性を伝えていることと、島なので逃げ場がない、自然と共生して1000年続いてきた暮らしと文化が奪われるという危機感から、35 年間も脱原発の運動をし続けています。
    以前ドキュメンタリー映画「祝の島(ほうりのしま)」(纐纈あや監督)でその様子をみたことがありますが、島の人たち(特に女性達が多い)が毎日時間になると集まって、島の中を淡々と行進して建設予定地が見える海岸まで行くのが生活の一部になっていて、それが1982年からずっと休むことなく続いているのです。
    ミツバチの羽音と地球の回転」というやはり祝島のドキュメンメンタリー映画を撮った鎌仲さんという女性監督は「原発に頼らなくても「持続可能」な社会を作るにはどうしたらいいか?ということを追究していくためにこそ科学技術は使われるべきだ(その例がスウェーデン)」と言っています。
    1000年先も持続可能な未来であってほしいと願います。
    祝島のひじきを食べて、未来のイメージを思い描きたいと思います。

    それだけでなく、昔から日本人の食卓にあったひじきは、カルシウムと鉄分が特に多く、一人当たり1回で食するひじき(15g)に含まれるカルシウムの量は、牛乳1杯分に匹敵します。
    カルシウムが効率よくはたらくためには、マグネシウムが必要とされていますが、ひじきにはカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれています。
    の含有量も海草類の中では1番で、貧血予防に役立ちます。
    皮膚を健康に保つビタミンA。U-フコイダンやアルギン酸といった水溶性食物繊維も豊富に含まれ、コレステロール値や血圧、血糖値の低下のほか、がん予防や便秘の予防・改善に効果が期待できます。抗酸化作用が強いカロテンビタミンB2なども含まれていて、動脈硬化の予防に役立ちます。
    糖尿病の予防に有効なクロムとよばれる成分も海草の中では特に豊富に含まれています。クロムは、インスリンの構成成分となる栄養成分です。 
    ところが昨年新聞紙上で今流通しているひじきの鉄分などの成分を調べた結果、これだけ鉄分があるとされた数値より大幅に少なかったという報道がありました。ひじきを炊くのに鉄釜からステンレスに替わったからというのがその原因だとか。
    祝島のひじきは今も昔ながらの鉄の大釜を使い、薪で一昼夜炊き、天日干しした貴重なものです。

    ぜひ毎日の食卓にご活用ください。
    季節限定、数量限定の逸品です。

          6 0 g   900 円(税込)

    | 最新情報 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukisaketen.com/trackback/1095437