RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< 2014年度産生ワイン完売しました。 | main | 9月の店休日 >>
お口にやさしいハミガキ
0
    JUGEMテーマ:健康
    普段なにげなく使っている歯みがき剤ですが、「使うな、危険!」(小若順一・食品と暮らしの安全基金)によれば、市販の歯みがき剤にはアレルギーを起こす成分の界面活性剤、湿潤剤、防腐剤、香料が含まれています。
    以下はその問題点の要約です。

    名古屋大学環境皮膚科の早川律子教授がさまざまな理美容製品のパッチテストを行ったところ、クリームや乳液類のアレルギー発生率が22%、ファンデーションが12%だったのに対し、歯みがき剤はなんと56%だったという。
    また界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウム(SLS)は建物の床のクリーニングにも使われている強力な合成界面活性剤で、口の中にひどい刺激を与え、粘膜を乾かして口内炎を起こすことがある。
    ノルウェーの医師2人が口内炎とSLSの関連を調べるため、SLSが入っていない歯みがき剤を口内炎の患者に使ってもらったところ、約3カ月で60〜70%の患者の口内炎が治ったという。
    またSLSは発がん性物質の働きを補助する作用がある。
    歯みがき剤を出しているメーカーのホームページを見ると、「医薬品の原料にも使用されている安全な成分です」と書いてある。しかし、毒性があるからこそ医薬品に利用できるケースがあるので、医薬品の原料だったら安全という根拠などない。

    研磨剤(炭酸カルシウム)を含む歯みがき剤で30分も歯みがきを続けていると、歯を白くしてくれるが、歯のエナメル質も削り取り、虫歯が拡大する。

    虫歯の予防に効果があるとされているフッ素添加の歯みがき剤についても、かねてよりフッ素の危険性を故・高橋晄正元東大講師が指摘。
    “ガンの危険が高まる(大腸、直腸、膵臓、膀胱、食道、肝臓、胆のう、気管支と肺、骨と関節、腎臓)
    ∋の生えそろう前から子供がフッ素を使うと、歯のエナメル質形成細胞に障害が起き、石灰化不全症(斑状歯)や骨の発育不全(骨フッ素症)を起こす。
    29歳以下の若い母親の場合、ダウン症の子供を産む確率が35〜50%高まる。
    す皀侫蛋巴和咾任蓮∋童の知能指数が低いことが報告されている。
    ゥ▲襯潺縫Ε爐肇侫蛋任結合すると、アルツハイマーの危険が高まる。

    歯みがき剤の化学物質について小児科医の真弓定夫医学博士も警鐘をならしています。
    『歯みがき剤中の化学物質は、食品中のものより濃度が高いため、より健康被害が大きいのです。口の中にあって私どもの健康を守ってくれる味方の常在細菌も歯みがき剤が殺してしまいます。また、唾液の健康を守る働き(抗菌作用・抗ガン作用・抗老化作用等)も損ねる結果を招きます。』「出口のない毒経皮毒 歯みがき編)真弓定夫監修」より引用

    『歯みがきの後、味噌汁の味が全然しなかった、などの経験は、界面活性剤が味蕾細胞の表面を一時的に溶かしてしまうから』と「知ってはいけない!?消費者に隠された100の真実」で著者の船瀬俊介氏も指摘しています。

    歯みがき剤の危険を避ける方法としては、歯みがき剤を使わないで、やわらかい歯ブラシで歯と歯ぐきをみがくこと。ただ歯みがき剤をつけないでみがいていると、歯が黒ずんでくるので、気になる場合はマッチ棒の先くらいの分量を使うくらいで見た目の白さが保てます。
    また甘いものを食べない、だらだら食べない、野菜や海草などの繊維質のものを多くとるなど、食生活に気をつけることも大事です。
    使うなら研磨剤・発泡剤・合成界面活性剤不使用のねんどのハミガキ(100g本体価格930円)・海の精ソルトで歯みがきねりタイプ(60g本体価格920円)・オーサワなすの黒焼(50g本体価格286円)などがおすすめです。
    | 最新情報 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukisaketen.com/trackback/1095278