RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< ひしおの糀(はな) | main | 定番ギフトナンバーワンの料理酒 >>
定番ギフトナンバーワンのみりん
0
    JUGEMテーマ:グルメ

    当店で調味料ギフトの癸韻六芦呂澆蠅鵑判槎の組み合わせです。
    旬味を入れるスプレー付きで2,582円(税込)

    伝統的本みりんは国内産のもち米・米麹と米焼酎を合わせて桶に仕込み、2年以上(三河みりん)から3年間(福来純)じっくり熟成させた酒(アルコール度数13,5%)です。そうして仕上がったみりんは、とろりとしてコクがあり、香りも甘みも米のエッセンスそのもの。砂糖がいらなくなる上品な甘さと濃醇な味わいがあります。
    本来は甘いお酒として、500年前から飲み親しまれてきましたが、後に調味料としても使われるようになりました。

    戦後大手メーカーが水あめと醸造用アルコール(ホワイトリカーなどの甲類焼酎)を加えて3倍4倍に増量し、40~60日で醸造、熟成させた安い価格の『一般的な本みりん』や、スーパーなどで売っている水あめやブドウ糖、アミノ酸(グルタミンソーダ)香味料などを調合してみりん風に仕上げた『みりん風調味料』などとは、まったく別物です。
    だから使用量も3〜4倍に増量した『一般的なみりん』はドバドバ使わないと効果がないのに対して、その6割で十分です。
    魚の生臭みを消し、てりや香ばしい香りをだす作用は『みりん風調味料』にはなく、まして風味や香りは比較になりません。
    みりんの中に薬草(屠蘇散)を浸してつくるオトソや、青梅をみりんに漬けてつくる砂糖無添加の梅みりん酒も飲んでおいしい伝統的本みりんだからこそ。

    煮物や焼き物に伝統的本みりんの三河みりん有機三州みりん福来純を使うと、長持ちするだけでなく、味もワンランク上の仕上がりになります。
    | 最新情報 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukisaketen.com/trackback/1095265