RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< アカシアの花の天ぷら | main | 新発売!自然酒にごり酒 >>
みなかみ紀行記
0
    JUGEMテーマ:旅行
    5/18日は28回目の結婚記念日にあたり、娘から水上温泉の宿泊代をプレゼントされ、夫と二人、旧婚旅行してきました。
    10時半に家を出て、高崎市内の配達を済ませてから、たくみの里に向かいました。
    昼食はたくみの里食堂でおそばを食べることが本日の目的のひとつです。
    3 月にあった「寺田本家のお酒を楽しむ会」でたくみの里食堂の店主福井さんに打ち立て茹でたての蕎麦を提供してもらいましたが、残念ながら私たちは食べそこなってしまいました。なのでいつか食べに行きたいと思っていました。

    メニューを見たら、蕎麦以外でも定食が美味しそうだったので、それも注文しました。
    ウドのきんぴら、ポテトサラダ、玉子焼き、野沢菜、魚の煮つけ、山菜のお惣菜などおかずが6種類もついて、なめこと大根葉の味噌汁とご飯のセットが850円です。お蕎麦はもりそばでシンプルにいただきました。どれも美味しくて、優しい味わいです。
    3 月のお礼も言えて、大満足。
    この食堂は人気があって、私たちは12時前に着いたので食事が食べられましたが、そのあとから次々と来たお客さんはもうソルドアウトで断られていました。

    そのあと、やはり3 月のイベントで日本初の塩ヨーグルトを協賛してもらったみなかみ農村公園公社の本多さんを訪ねて、たくみの里の敷地でオリーブの木を植えているところへお邪魔しました。残雪の谷川岳が良く見える畑のなかで、お礼を言えてよかったです。たくみの里の売店では、娘が集めているカピパラさん のキーホルダーが3種類も揃っていて、お土産に買ってきました。
    カピパラさんのキーホルダーは関越道のサービスエリア内の売店では置いてなくて、ありがとうと思わず頭を下げました。
    たくみの里から水上の町に入り、水産学習館へ直行しました。
    こじんまりしてますが、今流行りの水塊のある水槽では、動き回るサメのお腹やゴムのようなひげがまじかに見えて、飽きません。

    水産学習館のすぐ下に急流の川があり、ちょうどゴムボートに乗って川下りをしている(ラフティングというらしい)人達が3組あって、アトラクションを見ているようでした。

    それからみなかみ駅のすぐ正面にある「珈琲亭しなだ」でコーヒーを飲みました。この喫茶店は1日かけて抽出する水出しコーヒーとモカソフトが売りなのですが、その日は寒かったので、ブレンドホットをお願いしました。
    2階から駅で昇降する人たちや、迎えのホテルの人達をしばらく見てから、宿泊先の「去来荘」へ。
    水上温泉の中心地・ふれあい通りのなかに、控えめにたたずみ、保養所という感じです。3泊の申し込みをする人もいました。

    翌日は沼田城址公園に出かけました。画像は公園のシンボル 鐘楼です。
    ちょうど色とりどりのツツジが満開で、月曜日の10時だというのに、駐車場がいっぱいでした。

    沼田は真田一族が城主になっていたこともあり、来年のNHK大河ドラマで登場するようです。
    公園のなかには、旧生方家住宅(国重要文化財)、旧土岐家住宅洋館、資料館が隣接していて、見学できます。

    昼食は沼田市内の割烹店でランチをすると決めていました。
    上毛新聞のランチ探検隊の記事を切り抜いて、いつか沼田に行ったら、寄りたいと思っていたお店です。
    随分前の記事なので、今も営業しているかと心配しましたが、広い駐車場とともに、和風の落ち着いた門構えときれいな黄緑色ののれんがすてきな「割烹きよみず」。
    写真で紹介された女将さんが出迎えてくれました。

    昔の記事の切り抜きを見せると、「これ15年前のオープンした時のですよ!今まで取っておいてくれたのですか?」と驚き、とても喜んでくれました。そんなに前の記事だとは知らず、私もびっくりしましたニコッ

    記事には「健康を考えご飯は発芽玄米。サラダには胡麻をふんだんに使った女将特製のノンオイルドレッシング。おすすめは肉のロール巻定食、焼き魚定食ともに840円」とありますが、発芽玄米は好みがあるので、今は出していないということでした。美味しそうなので、肉のチーズロール巻定食(864円)を注文しました。キャベツの千切りたっぷりのところへ、特製のドレッシングをつけてくれました。うどのきんぴら、冷たいつけうどんも美味しくいただきました。肉巻も作り置きでなく、その場でちゃっちゃっと作り、揚げ油のいいにおいが漂います。わらびのお浸しと小豆の煮たものをサービスしてくれました。
    沼田に来ることがあれば、また寄ってみたいと思いました。

    それから川場村の永井酒造で4/26にオープンしたばかりの蔵カフェへ行きました。
    120年近く酒造りを行っていた旧酒蔵を改装したもので高い天井と梁を生かした作りで、中へ入るとひんやりしています。
    8時間かけて抽出した水出しコーヒーのホットと作家吉本ばなな絶賛の沼田のバウムクーヘンに大吟醸の酒粕をクリームがわりに使ったスウィーツをいただきました。
    あとは一路家路に向かい、もりだくさんの連休は終わりました。
     
    | 最新情報 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzukisaketen.com/trackback/1095142