RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
オススメ

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

鈴木酒店ブログ

鈴木酒店では、自然酒、無添加ワイン、ベルギービール、伝統調味料、有機野菜、こだわりの肉や卵、昔ながらの豆腐や納豆、エコ雑貨・お肌に優しい化粧品など健康的でナチュラルな暮らしのアイテムがいっぱいです。
<< 5/22は講演会「放射性物質による被曝と発酵醸造食品の効用」 | main | 無農薬らっきょうの予約受付中! >>
片山雄介氏講演会の報告
0
    JUGEMテーマ:健康


     5/22は雨の中を30名の方が参加されました。
    原発の事故以来、ネットをはじめテレビや新聞、雑誌などでいろいろな情報が飛び交い、いったい何を信じて判断していいのかというなかで、当店のメイン取引先(株)片山さんから今回の講演会の案内をいただき、すぐ申込みました。

    片山さんとはかれこれ19年にわたりお世話になっております。
    その間、町の酒屋さんがかなり淘汰されてきましたが、当店がなんとか今のような形態で商売を続けてこられたのもひとえに片山さんのおかげです。いつも時代の先を見据えて、今まで市場になくてあれば必要とされる新商品を次々とプロデュースされ、実をむすんできました。
    とても信頼しています。

    講師の片山雄介社長は今回の原発問題は20、30、40年のスパンで向き合って生きていかなくてはならない。
    このような放射性物質にさらされながら生きなければならない状況のなかで、「日本の伝統的な農と醸造文化を21世紀に継承」を提唱してきた経験とノウハウを活かし、今日の自分を育ててくれた東北の人々や業界の先達の恩返しのためにも、自分の役割をはたしていくことを4月1日に誓いました。
    以下ポイントを要約しました。

    日本の伝統的な食文化、すなわち玄米食・味噌汁に始まり発酵醸造食品をベースとした食生活がいかに放射線を跳ねのけ、我々の生命・未来の生命を救ってくれるのか、29歳の時長崎で被爆しても89歳まで生きられた秋月辰一郎博士の著書「体質と食物」「死の同心円」などからも学ぶことができる。

    酒や味噌、醤油、酢などの日本の伝統発酵食品は麹カビや酵母、細菌(乳酸菌や納豆菌・酢酸菌など)の働きによって醸されてできるものなので、そうした有効な微生物をいかにのびのびと時間をかけて働かせて、熟成させるかが大事。
    微生物たちが働く環境には様々な酵素やビタミンをはじめ、乳酸やクエン酸・酢酸など、植物そのものには本来含有していない、人体に必要不可欠な栄養源が多種多様に生成されている。
    こうした成分で構成された本物の発酵食品を毎日食べ続けることにより健全な体が作られる。

    自然界に生息するバクテリアは多種多様で、プラスチック、重金属、枯れ葉剤にも含まれていた猛毒化学物質ダイオキシンをも分解し毒性を消してしまうものや、海底の泥の中で生息するバクテリアが発電することも発見された。
    こうした細菌・酵母・カビ・原生動物など地球上に存在する微生物は、大自然の環境を浄化していく限りないパワーを発揮している。
    有用な微生物の働きの解明はこれからますます明らかになっていくだろう。

    アメリカでは広島、長崎に原爆が落とされた時、その地は不毛な土地として人間が住むことなどできないと考えられていたそうです。でも数十年後に山の緑、小川のせせらぎが取り戻せることことができたという事実。

    大自然には人類のおごりから作りだしてしまった自然界には存在しない有害な物質さえも、永い営みの中で受け入れ、もとの状態にゆり戻すとてつもなく大きな生命力を持っている。
    微生物が生息する風土とともに大自然にいきづく八百万の神々に守られているのではないかと。

    「放射能なんかに負けないで生き抜いてやる」と言っていた自分が、なんておこがましいのだと恥ずかしくなりました。私たちは大自然の庇護のもとで生かされているのです。その大自然が多くの人たちの生命を呑み込んでしまっても。

    生かされていることに感謝して、子どもたちの命を脅かすことのない未来を残さなくてはとあらためて思いました。

    講演会は話の合間に「マイグルト」・麹からつくった「造り酒屋の甘酒のもと」・スレンダー酵母」の試飲・試食をして会場はすっかり発酵モードでした。

    その後の懇親会は20名の方が参加して、片山さんを囲み和やかに楽しく行われました。
    「片山さんのお話は今まで自分のなかで疑問に思っていたことがストンと胸に落ちた」「あれはそういうことだったのかとひとつひとつ納得するものがあった」という感想が多く、皆さんそれぞれに得るものがあったようでした。

    片山さん、参加された皆さん、どうもありがとうございました。
    | 最新情報 | 19:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    いつもお世話になっております!
    こんなまとめ作りました。
    内部被曝対策・土壌改良まとめ http://t.co/wbkllD8
    原発など飾りです、偉いひとにはそれが(略 まとめ http://t.co/b1n4qfw

    マイグルト、ツイッターで飯山一郎氏が「あれは良いよ」とおっしゃってました。
    ところでこの間「包丁人味平」のカレーの話を読んでいたら、つけあわせの漬け物探しの下りで「漬け物ばばあ」という名人が「漬け物の味は野菜や塩でなく、漬けた人についてる(良い)バイキンの味だ!」と断言していて、そのとおりだけどバイキン…(笑)と思いました。
    では乱文にて失礼いたしました!
    | okazaki | 2011/05/28 1:10 PM |

    okazaki さん

    いつもありがとうございます。
    たくさんの情報のなかでどれを取り入れるかは個々の判断になりますが、
    そのなかでも発酵食品がよいというのは納得ですし、日常生活のなかですぐできて、継続できることが大事ですよね。

    バイキンも必要かも^^
    | 鈴木酒店 | 2011/05/31 5:02 PM |










    トラックバック機能は終了しました。